ストップ!熱中症

日に日に暑くなり、「猛暑」「酷暑」が当たり前になってきました。

平成29年5月から9月の全国における熱中症による救急搬送人員数の

累計は52,984人となっています。こんなにいるなんて、ビックリですね!

 

 

私たちの体の大部分は水分=体液で、水と電解質でできています。

熱中症は、高温の環境で発汗が続くと体の水分が失われ、体液中の栄養素、

酸素、老廃物の出し入れが滞り、体内の電解質不足から障害が起こります。

発汗により体温調節機能が維持できなくなると、体の臓器がダメージを受け、

もっとも影響を受けやすいのがです。

脳へのダメージから、けいれんや意識障害などが起こることがあり、

重症になると死に至るという恐ろしい病気です。

 

 

熱中症は、とにかく暑さを避け、こまめに水分を補給することです。

気温の寒暖が激しく、急に暑くなるこの時期はとくに注意が必要です。

 

3D898C6E-9CE0-4204-94F7-6E5DE82CA181

熱中症の症状は…

・筋肉のこむら返り

・立ちくらみやめまい

・けいれん

・普通に歩けない、走れない

・体が熱い、皮膚が赤くなる

・体に力が入らない

・嘔吐や吐き気など

 

1903AE0B-5CE3-46A2-A94B-F100EDD4C898

熱中症の応急処置

1 涼しい場所へ避難させる

クーラーの効いた室内や車内、屋外なら風通りの良い日陰に移動

2 衣服を脱がせ、からだを冷す

うちわや扇子などで風をあてる、水で濡らしたタオルでふく

3 水分・塩分を補給する

吐き気があったり意識がもうろうをしていたら無理やり飲ませず、

救急車を呼びましょう

 

 

熱中症を予防するには

1 水分補給

ペットボトルなどで1日にどれ位の量を飲んだかわかるようにしましょう。

喉が乾いてなくても水分補給をし、寝る前にもしっかり飲みましょう

2 食事

バランスのよい食事で体調をととのえよう

水分だけどなく、塩分もしっかりとりましょう

3 睡眠

質の良い睡眠をとるために、エアコンなどを利用し適温環境で寝ましょう

4 服装の工夫をしましょう

日傘の利用や帽子をかぶり、通気性・吸水性に優れた素材の服を着ましょう

E348C7A2-B470-47E7-8AE4-2900DE225A96

 

=============================

【三島市の鍼灸整体マッサージ】三島渡辺治療院

三島市南本町2-26

伊豆箱根鉄道 三島田町駅から徒歩5分

JR東海道新幹線 三島駅南口から徒歩10分

定休日:日曜日

TEL:055-960-9373

「ホームページ見て・・・」とお電話ください。

・完全予約制  ・夜間診療  ・ベビーカーのまま入れます

お問合せはこちらから

大手口コミサイト 【エキテン】 三島渡辺治療院

Facebookページ 三島渡辺治療院

========================================

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ